周りに十分な配慮を

ハートを持つ男女

スムーズに終わるためには

社内恋愛をしているときに、最も注意しなければならないのが周囲への配慮です。一昔前までのように、社内恋愛をおおっぴらに禁止する会社は少なくなりました。むしろ推奨している会社もあります。ですが、一般的な社会人のマナーとして、仕事に影響を与えず、周囲に過度な気を使わせないというのが暗黙の了解です。いくら社内恋愛を推奨していても、仕事そっちのけで恋愛モードを前面に出されては、周囲の人が仕事をしにくくなります。より注意すべきなのが、別れた後のことです。社内恋愛がうまくいっているときは仕事がうまくいくことも往々にしてありますが、別れた後はモチベーションが下がる恐れもあります。モチベーションを個人の問題として処理できるのならば構わないのですが、周りに気を使わせるほどではいけません。仕事がやりにくくなるのでは、公私混同と言われても反論できないでしょう。また、別れた後に重要なのは、きっぱりと態度を改めてビジネスに徹することです。社内恋愛をしていたのはあくまでプライベートと割り切り、仕事で元カレや元カノと接する機会があっても、ビジネスライクに対応しましょう。ビジネスライクというのは、慇懃無礼でそっけなくということではないので、注意が必要です。別れた後の気まずさは出さずに、あくまで仕事をする社会人として、丁寧に最低限のコミュニケーションはとるということです。どうしても難しいのならば、ごく一部の信頼できる人に打ち明けて、間を取り持ってもらうのもよいでしょう。口が軽い人だと広まってしまうので、信頼できる人を選ぶのがコツです。